2016年05月31日

《遠吠え》自らの「世紀の大愚策」の責任をよそさまになすりつける「最高権力者」の浅薄な動機=田悟恒雄

 その昔、「万年危機論」などというのを聞いたことがあります−。「資本主義は深刻な全般的危機に瀕しているから、遠からず "革命" が…」などという、勇ましくも、きわめて粗雑な議論でした。
 「狼少年」の寓話にもあるように、そんなことを何度も聞かされていれば、「ああ、またかぁ」となるのが関の山。ホントの危機が訪れたときには何もできない、というわけです。
 でも、先般のG7でアベ首相が唐突に持ち出した「世界経済危機論」は、いささか趣を異にします−。

 「ここで対応を誤れば、世界経済が通常の景気循環を超えて危機に陥る大きなリスクに直面している」

 そうやって思いきり広げた風呂敷なのですが、こちらの「ご都合主義的危機論」も、やっぱりウケはイマイチだったよう。
 議長国の顔を立てるのが習わしの「首脳宣言」ですら、「我々は新たな危機に陥るのを回避するため、これまで経済の回復力を高めてきたし、今後も一段と努力する」と大幅にトーンダウン。これをして、「新たな危機を回避するため、政策の総動員をG7は約束した」などと強弁するのは、もはや「特殊詐欺」顔負けの所業と言うしかありません。
 「アベノミクス」の破綻を隠蔽するために「世界経済危機論」を持ち出した議長氏の「浅薄な動機」が、各国サミッターらから見透かされてしまった格好です。
 おまけに麻生氏、谷垣氏ら、身内からも批判が出始めたとなれば、議長氏の心中も、さぞかし穏やかならぬものがあるでしょう。

 …と思っていたら、その晩さっそく、アベ氏は「再延期反対」ののろしを上げた麻生太郎財務相と会談。難なく切り崩しに成功したご様子。
 何とも情けない話ですが、つい先ほどまでささやかな異論を唱えていた連中まで、急に口をつぐんでしまいました。何だか夏の林のセミたちが、危険を察知して一斉に鳴きやむのと似ていますね。
 そう、アベ政治の「最高権力者」は、「泣く子も黙る絶対権力」を手にしたのです。
 先だっては、何をトチ狂ったのか、自らを「立法府の長」などと発言した「最高権力者」ですが、そのうち「司法府の長」なんて言いださないともかぎりません。
 甘利明・前経済再生相の現金授受問題を不起訴処分にした東京地検特捜部にしたって、かの絶大な政治権力のご威光を慮って、圧倒的な民意に反する決定を下したのかもしれません。
 小選挙区制導入以来、この国は、日ごとにお隣の「強盛国家」と似ていくようです。

(「零細出版人の遠吠え」05/30、05/31より。 http://www.liberta-s.com/
posted by ロバの耳 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠吠え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438460064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック